仕事の辞め活

退職代行

jobs

働きやすい職場…実態は低賃金社保無しを丸め込む

投稿日:

サービス業・20代女性Mさん・岐阜県

 

和気あいあいとした職場

新社会人として初めて働いていた時の話です。

そこの会社は、複数の決まった学校の卒業生が働いている会社だったので年齢も近く、顔見知りの人が多く、学生の頃に似た体験をしている人が多かったので兄弟のように仲がすごく良かったです。

そして、社長もそれぞれの学校の関係者で普段は社長としてではなく清掃のおじさんのようなすごく接しやすい方でした。

徐々に仕事になれ、初めは清掃や雑用ばかりでしたがお客さんと直接関われるようになっていき、独り立ちできるようになっていった頃でした。

 

低賃金・社保無し・バックレ

外注から来ている方が新しく会社を立ち上げる事になったと話していた流れで、たまたま給料の話になりその時の時給を話しました。(その時は会社員でしたが、独り立ちできるようになるまでは時給制になると言われていました。)

今では恥ずかしいですが、当時は無知で何も知らなかったのでその人と話していて知ったのですが、会社員と上司や社長から言われていましたがアルバイトで最低賃金以下のお給料しかもらっておらず、社会保険にも加入していませんでした。

その事を上司に相談すると親身に話を聞いてくれるものの、上手く丸め込まれ、別の上司に相談すると露骨に嫌な顔をされ「そんな事を気にしているから仕事が上達しないんだ。」「給料を上げろと言うならそれに見合った仕事をしろ。」と言われて、その日から多少のミスでも個別に呼び出され1時間ほど説教をされました。

そして、話の最後には「この1時間は仕事をしていないから時給はないから。」と言われました。

退職すると申し出ても聞く耳持たずで、しんどくなり無断欠勤してようやく退職できました。

 

明日、会社辞めてみませんか?

「会社辞めます」

たった6文字の言葉を伝えるだけなのに、どれほどツラいか。

返ってくる返事は、上司の心無い罵詈雑言、優しく言いくるめる言葉。

明日にでも辞めたかったのに、退職を延期され…気付けば3ヵ月…半年…1年。


合わない人間関係に疲弊し、

将来性の無い会社で神経をすり減らし、

家庭・育児に専念したいのに帰れず、

サービス残業で終電帰宅の毎日。

いじめやパワハラを受けても、今の仕事を続けるしかなかった。


「あぁ…あの時辞めておけばよかった


でももう、こんな思いをする必要ないんです!

退職を伝えるのはあなたではありません。

退職代行サービスがあなたに代わって辞めさせてくれます。


「明日から会社に行かなくても大丈夫ですよ」

あなたの心を癒すのはこの言葉だけです。


失った時間は取り戻せませんが、これから失うであろう時間はまだあなたのモノ

まだ間に合います。明日、会社辞めてみませんか?

>>退職代行にお願いして、会社辞めてこよう

-jobs
-,

Copyright© 退職代行 , 2019 All Rights Reserved.