仕事の辞め活

退職代行

jobs

入社前と約束が違う!早期退社の予定が残業の日々

投稿日:

製造業・29歳男性Zさん・栃木県

 

先輩社員が私にだけパワハラ

私は製造業で働いていました。仕事内容自体はそんなに嫌なものではなく、どちらかというととてもやり甲斐があり時間を忘れて毎日没頭していました。

しかし、その中でもある先輩からのパワハラが酷かったです。その先輩が、誰かれ構わずそういう性格ならまだしも、私にだけとても当たりがきつくてどんな仕事をしても批判されあざ笑われてしまっていました。

 

水曜日だけ早期退社の入社前承諾も嘘

他にも、この職場での面接時にどうしてもの理由で水曜日だけ早く帰らなければいけないことがあり承諾していただけたのですが、いざ入社し仕事を始めると「水曜日も残業してもらえませんか?残業してもらえないとほかの人の仕事が増えてしまうんですよ」と言われてしまいました。

そう言われてしまったら、いくらどうしてもの用事があるにしても私が先に帰ることがとても悪いことであると考えるようになってしまっていました。

いつしか私は我慢の限界を感じてしまいその仕事を辞めたいと考えるようになり、そのことを告げたところ「あなたが辞めたら誰がその仕事を引き継ぐんだ?周りに全て負担がかかってしまうんだぞ」と言われ、辞めたくても辞められない状況になってしまいました。

結局は我慢に我慢を重ねてどうしようもない状況だったので鬱気味になってしまい、その職場を強制的に辞めることができました。

今になって考えると「そんなこともあったな」と思えるようになったのですが、もうこのような出来事は一生体験したくないものです。

 

明日、会社辞めてみませんか?

「会社辞めます」

たった6文字の言葉を伝えるだけなのに、どれほどツラいか。

返ってくる返事は、上司の心無い罵詈雑言、優しく言いくるめる言葉。

明日にでも辞めたかったのに、退職を延期され…気付けば3ヵ月…半年…1年。


合わない人間関係に疲弊し、

将来性の無い会社で神経をすり減らし、

家庭・育児に専念したいのに帰れず、

サービス残業で終電帰宅の毎日。

いじめやパワハラを受けても、今の仕事を続けるしかなかった。


「あぁ…あの時辞めておけばよかった


でももう、こんな思いをする必要ないんです!

退職を伝えるのはあなたではありません。

退職代行サービスがあなたに代わって辞めさせてくれます。


「明日から会社に行かなくても大丈夫ですよ」

あなたの心を癒すのはこの言葉だけです。


失った時間は取り戻せませんが、これから失うであろう時間はまだあなたのモノ

まだ間に合います。明日、会社辞めてみませんか?

>>退職代行にお願いして、会社辞めてこよう

-jobs
-

Copyright© 退職代行 , 2019 All Rights Reserved.