仕事の辞め活

退職代行

jobs

主任が辞めるから私が昇格?先に辞めてやる

投稿日:

アパレル・20代前半女性Aさん・岡山県

 

恐怖のサボり魔主任

某ブランドで働いていました。そこの主任(当時35歳)は、少し気が強く、若い新人さんに厳しい人でした。私はあまり怒られることはなかったのですが「主任が怖すぎる」と若いスタッフさんが辞めてしまうことが多々ありました。

「最近の若い子はほんとに仕事を続ける大切さが分かってないのね」と愚痴も多く、人手不足で私の負担も大きくなり、辞めようと決意して辞表を出そうとしました。

主任は店舗にいても、接客は私に任せて奥で座ってスマホをいじってる事も多々ありました。

 

人事担当に掛け合わなければ辞められなかった

うちの店は店長が他のお店との兼務でほとんどの店長業務を主任がしていたため、主任に辞表を提出しました。すると、「えー、辞めれないよ?だってね私、来月で辞めるもん。貴女がここの主任をするのよ」と言って辞表を受け取りませんでした。

なんと主任が辞めることで私が昇格し、店のことを任されることになると、普段お店にいない店長に話をして、その話がもっと上の本部の管理者に伝わってる、とのことでした。

私は我慢ならなくて「そんな話はしてない!!!」と店長を捕まえて話をしましたが、店長は主任と仲が良かったためか、まともに取り合ってもらえませんでした。

 

そのまま一ヶ月が経ってしまったのですが、私は本社の人事担当の方と直々にお目にかかりに行き、事情を話しました

すると、その方はすぐに状況を把握し、手を回して下さいました。その結果、主任より先に退職させてもらえました。

その主任の噂は、上の方も知っていたみたいで、私の話をすぐに信じてくださいました。

明日、会社辞めてみませんか?

「会社辞めます」

たった6文字の言葉を伝えるだけなのに、どれほどツラいか。

返ってくる返事は、上司の心無い罵詈雑言、優しく言いくるめる言葉。

明日にでも辞めたかったのに、退職を延期され…気付けば3ヵ月…半年…1年。


合わない人間関係に疲弊し、

将来性の無い会社で神経をすり減らし、

家庭・育児に専念したいのに帰れず、

サービス残業で終電帰宅の毎日。

いじめやパワハラを受けても、今の仕事を続けるしかなかった。


「あぁ…あの時辞めておけばよかった


でももう、こんな思いをする必要ないんです!

退職を伝えるのはあなたではありません。

退職代行サービスがあなたに代わって辞めさせてくれます。


「明日から会社に行かなくても大丈夫ですよ」

あなたの心を癒すのはこの言葉だけです。


失った時間は取り戻せませんが、これから失うであろう時間はまだあなたのモノ

まだ間に合います。明日、会社辞めてみませんか?

>>退職代行にお願いして、会社辞めてこよう

-jobs
-

Copyright© 退職代行 , 2019 All Rights Reserved.